ここから本文です

新たなメダルなし サッカーは準々決勝で敗退=リオ第9日

聯合ニュース 8月14日(日)12時3分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪は第9日の13日、韓国代表はメダル獲得に失敗した。また、サッカー男子代表は準々決勝でホンジュラスに0―1で敗れ、準決勝進出を逃した。

 韓国はこの日、フェンシングの女子サーブル団体でメダル獲得を目指したが、準々決勝でウクライナに敗れ、5位で大会を終えた。

 射撃ではキム・ジュンホンとカン・ミンスが男子ラピッドファイアピストルに出場したが、決勝進出に失敗した。キム・ジュンホンは581点で8位、カン・ミンスは564点で21位にとどまり、上位6人で行われる決勝に進出できなかった。

 注目を集めたサッカー男子は準々決勝でホンジュラスと対戦し、0―1で敗れた。0―0の後半15分、カウンターを受けホンジュラスに決勝点を奪われた。韓国は再三チャンスをつくったが、得点に結び付けられなかった。

 陸上男子100メートル予選に出場した金国栄(キム・グクヨン)は8組4位に終わり、準決勝進出を逃した。今回の五輪で金の目標は韓国記録更新だったが、タイムも10秒37にとどまった。韓国記録は昨年、自ら更新した10秒16だった。

 金は1996年のアトランタ大会以来、20年ぶりに陸上男子100メートルに出場を果たした韓国のエース。だが、目標を達成できず、五輪の舞台を去ることになった。

 ゴルフ男子は第3ラウンドが行われ、安秉勲(アン・ビョンフン)は3アンダーの210で14位タイとなった。

 卓球女子団体では準々決勝でシンガポールに2-3で敗れ、準決勝に進出できなかった。卓球女子団体で準決勝に進出できなかったのは初めて。

 バドミントンは男子ダブルス1次リーグの最終戦で、世界ランキング1位の李龍大(イ・ヨンデ)、柳延星(ユ・ヨンソン)ペアがロシアに1-2で敗れたものの、2勝1敗で準々決勝に進出した。

 14日午前11時半(日本時間)現在、韓国のメダル獲得数は金6、銀3、銅4で、国・地域別9位となっている。

最終更新:8月14日(日)13時39分

聯合ニュース