ここから本文です

「BLACKPINK」、デビュー曲「WHISTLE」MVも再生回数1000万回突破

WoW!Korea 8/14(日) 13:48配信

YGエンターテインメントの新人ガールズグループ「BLACKPINK」の「WHISTLE」が、「BOOMBAYAH」に続き、YouTube公式ミュージックビデオの再生回数が1000万回を突破した。

BLACKPINKのプロフィールと写真

 14日午前8時、YouTubeでダブルタイトル曲「WHISTLE」のミュージックビデオの再生回数は1052万3510回を記録。「BOOMBAYAH」は1229万2657回を記録し、合計2000万回を超えた。

 2作のミュージックビデオの1000万回突破のタイミングも注目に値する。13日、ダブルタイトル曲「BOOMBAYAH」が午前に1000万回を突破すると、「WHISTLE」も同日夜1000万回を達成。2曲の高い人気を証明したというわけだ。

 さらに、14日午前9時、韓国の大手音楽サイトMelOnをはじめ、bugs、NAVERミュージック、ollehミュージック、Mnet、genie、soribadaなど7つのリアルタイム音源チャートでも1位を総なめにし、チャートを席巻している。

 「WHISTLE」は夢幻的ながらも、セクシーさを盛り込んだヒップホップナンバー。口笛をテーマにした独特なメロディーラインと耳をくすぐる水滴エフェクトが際立つ。一方、「BOOMBAYAH」は強烈なドラムビートと独特なシンセサウンドが印象的な楽曲だ。

 圧倒的な存在感で、歌謡界に挑戦状を叩きつけた「BLACKPINK」は14日、SBS「人気歌謡」に出演。新曲「WHISTLE」と「BOOMBAYAH」のステージを初披露する予定だ。

最終更新:8/14(日) 13:48

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]