ここから本文です

【篠原信一コラム】康生監督おめでとう!全階級でメダルさすがです!

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 柔道も最終日。女子78キロ超級の山部は、ようやりました。本来の金メダルではなかったでしょうが、これをバネに東京五輪につなげてもらいたいですね。

 男子100キロ超級の原沢は、決勝でリネールと当たるのを楽しみにしていました。リネールが若干消極的だったと言われてますけども、まだ力の差があるからああいう、さばかれるような柔道をされてしまったのかなあと思います。リネールが東京に出るのかはわかりませんが、原沢にはクソーッという思いを持って、次に当たった時は投げて勝つぐらいの力をつけてもらいたい。若いし、まだまだこれからの選手。東京に向けてしっかりと稽古を積んでほしいですね。

 ロンドン五輪の後にルール改正が行われ、組まないと指導を取るようになりました。こういったことから本来の組んで一本を取る柔道になり、日本選手が有利だと言われてましたが、外国人選手もある程度対応してきています。ただ(原沢に優勢勝ちした)リネールがこのような試合展開ができたのも、新ルールのマイナス部分でもあるでしょうね。

 井上康生監督の男泣きが良かったですね。決勝後に「お疲れさま。全階級でメダル、さすがです。日本に帰って来たら飲みに行こな」とLINEを送ったら「ありがとうございました。本当にみんな頑張ってくれました。私の誇りです」と返ってきました。祝杯が楽しみです。

 卓球は水谷選手が日本選手初の銅メダル。すごい神ラリーを見せてもらいました。まばたきするヒマないから、目ぇが乾いて大変ですわ~。

 テニスの錦織選手も劣勢やった試合をモノにしてすごかった。ああいうのを見ると、力入るわ~。もう寝不足でヘロヘロや。

 前日の競泳・金藤選手の金メダルにも感動しました。一度はやめるつもりが、コーチとの二人三脚で…。ええ話やないですか。スポーツのドラマや感動秘話が聞けるのはオリンピックならでは。泣けてくるで~。

最終更新:8月14日(日)6時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]