ここから本文です

<吉田羊>女医役で主演も米倉涼子との違い強調? 「失敗する」「決めぜりふない」

まんたんウェブ 8/15(月) 6:00配信

 女優の吉田羊さんが14日、主演を務める10月スタートの連続ドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の収録を行う東京都内のスタジオで取材に応じた。主人公の医師・橘志帆を演じる吉田さんは「格好よくて、スーパードクターで、“絶対に失敗しない”お医者さん。すでにそういうドラマが作られている」と米倉涼子さん主演の人気作「ドクターX」(テレビ朝日系)を引き合いに、「私のパブリックイメージや『女医×吉田羊』で、格好いいスーパードクターって感じを想像するかもしれないけど、そこをいい意味で裏切っていけたら」と意気込んでみせた。

【写真特集】吉田羊だけじゃない 相武紗季に吉岡里帆…白衣の美女が続々

 吉田さんは自らの役どころについて「どこか抜けていて、すっとぼけていて、天才ではあるけれど失敗もする。身近に感じられる等身大の女医像で、新しい」と笑顔。「ドクターX」で米倉さんが演じた大門未知子は「私、失敗しないので……」の“決めぜりふ”が有名だが、吉田さんは「(志帆は)決めぜりふはないんです。そういうものがないのも新しい(笑い)」と冗談まじりに“違い”をアピールしていた。

 吉田さんは今回が地上派の民放連ドラ初主演となるが、自分を「“主役肌”とは思っていない」といい、「私は大旗を振って先導していく性格じゃない。基本的に自分に自信がないので、(主役は)向いていない。私が見てきた一線級の主役の方々は視野が広くて、いつでも共演者に気を配って、プラス自分の役をアレンジできる余裕を持っている、私にはできない」と恐縮しつつ、「現場では皆さんが持ち上げてくれるので、苦手、できないと言ってばかりはいられない。自覚を持って現場にいることも一つの務めなのかな」と前を向いていた。

 また、参考にしたい“座長”は、昨年放送された連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系)で主演を務めた綾野剛さんだといい、「オペシーンを撮る時に、『よし、みんな助けるよ』と音頭を取って、士気を上げてくださった。あえて自らパフォーマンスとしてやっていくのも大事なんだな」と感心。一方、大ヒットドラマ「HERO」(フジテレビ系)で共演した「SMAP」の木村拓哉さんについては「木村さんは何でもできるので、参考にならない」と明かしていた。

1/2ページ

最終更新:8/15(月) 6:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]