ここから本文です

【松野明美の目】福士さんに銅メダルの可能性あり…コース適性高い

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 「リオ五輪・陸上・女子マラソン」(14日、サンボドロモ発着周回コース)

 今回のコースは、トラックの経験のある選手が得意にするでしょう。途中、周回コースを3周しますが、私の経験では、距離が短く感じる分、ペースが速くなります。日本人選手では、福士さんに一番合うコースだと思います。

 周回コースでは、海から吹く風もポイントになります。体重が軽い選手は風に弱いため、集団の中では、ほかの選手を風よけとして利用する位置どりが大切です。自分でペースを作らず、集団の後ろで我慢することが求められます。

 アフリカ勢中心のレースになるでしょうし、2周目あたりからペースが上がるかもしれません。日本勢にとっては望む流れです。スローペースでいけば、これまでのように最後にペースアップして勝ちきるアフリカ勢の展開になりますから。

 福士さんはスピードがあるので、銅メダルに絡む可能性はあるでしょう。田中さんは、指導する山下佐知子監督の豊富な経験が武器ですし、伊藤さんは粘りが持ち味です。2人は入賞できる力があると思っています。(88年ソウル五輪女子1万メートル代表・松野明美)

最終更新:8月14日(日)6時41分

デイリースポーツ