ここから本文です

辛勝のグアルディオラ監督「これがプレミアがタフだと言われる所以」

ISM 8月14日(日)15時11分配信

 現地時間13日に行なわれたイングランド・プレミアリーグで、サンダーランドに2対1と辛勝したマンチェスターC。今季からチームを率いるペップ・グアルディオラ監督は、プレミアの難しさを実感したようだ。

 補強に総額約2億ドル(約202億8000万円)もの巨額を投じ、満を持して開幕を迎えたマンCだが、流れのなかでゴールを挙げることはできず。セルヒオ・アグエロのPKと、相手DFパディー・マクネアのオウンゴールで辛くも勝ち点3を手にした。

 試合後、グアルディオラ監督は「誰にとってもタフな試合だった。プレミアリーグがタフなリーグと言われる所以だ」と、プレミアの難しさを実感した様子。それでも「我々のプレーは安定しており、勝者に値する」と、試合内容に相応した結果だったとした。

 グアルディオラ監督はこの試合で、先日獲得したばかりのジョン・ストーンズとアレクサンダル・コラロフをCBとして起用し、GKにはジョー・ハートでなく、ウィリー・カバリェロを据えた。前線にはアグエロを使い、新戦力のノリートも先発させた。

 多数の新戦力を迎えたことについて問われた同監督は、「全選手がチームの一員であり、我々はチームとして戦う。そのためにはどうすべきか、我々はずっと話し合ってきた。これは最初の一歩でしかない」とコメント。「だが、新しく入った選手や監督にとって、勝利で始まるというのは、自分たちのしていることが正しいと信じる上での力になる」と続け、白星発進の重要性を説いた。(STATS-AP)

最終更新:8月14日(日)15時11分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]