ここから本文です

「素敵な夢を見続けましょう!」Versailles、アンフィシアターで完全復活

音楽ナタリー 8月14日(日)13時51分配信

8月7日に千葉・舞浜アンフィシアターでVersaillesの単独公演「Chateau de Versailles」が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨年12月に復活を宣言し、同月に東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催されたKAMIJO(Vo)の活動20周年記念公演の中で“復活の儀式”を行った彼ら。今回のワンマンは「完全復活ライブ」と銘打ち、新曲を含むセットリストでファンを迎えた。

開演時刻になるとステージ中央の床がせり上がり、円形に並んだメンバーが登場。1人ひとりがゆっくりと持ち場に就くと、まずは「MASQUERADE」でライブをスタートさせた。「ASCENDEAD MASTER」の冒頭ではKAMIJOが「ようこそ、我が城へ! 噛み付いてこい!」とオーディエンスを扇動するなど、序盤から白熱のパフォーマンスを展開していった。

「Forbidden Gate」の演奏が終わると一旦メンバーは退場していった。そんな中1人ステージに残ったYUKI(Dr)は力強いドラムソロを披露。手数が多くなるにつれて炎を噴射する特効の数も増えていき、ソロを終えると客席からは歓声が飛び交った。再びメンバー全員がステージに上がって演奏された「DESTINY -The Lovers-」ではMASASHI(B)、HIZAKI(G)、TERU(G)のソロパートも用意され、観客はメロディアスなサウンドにじっくりと耳を傾けていた。

ライブ後半でKAMIJOが「完全復活とは、皆さんに新曲を聴いていただくことだと思っています」と語り、スケール感あふれる新曲「Melodic Thorn ~美の暴力~」を初披露。伸びやかな歌声が会場に響き渡っていった。さらにアンコールでは「皆さんが信じてくれたおかげで未来が広がっています。そんな皆さんの信じる力を歌った曲です」と、もう1つの新曲「Chandelier」をファンに届けた。そしてラストナンバー「The Revenant Choir」ではメンバーがステージ前方に移動してパフォーマンスを繰り広げる中、KAMIJOが2009年に逝去したメンバー、Jasmine You(B)のベースを掲げる一幕もあった。最後にKAMIJOは「いつまでも、素敵な夢を見続けましょう!」とファンに感謝の思いを告げ、完全復活ライブは大団円で幕を閉じた。

なおVersaillesはこの公演中、2017年2月14日に東京・日本武道館でワンマンライブを開催することを明かした。こちらの詳細は追って発表される。

Versailles「Chateau de Versailles」2016年8月7日 舞浜アンフィシアター セットリスト


01. MASQUERADE02. ASCENDEAD MASTER03. Shout & Bites04. 月下香05. Forbidden Gate06. ドラムソロ07. DESTINY -The Lovers-08. 愛と哀しみのノクターン09. Beast of Desire10. Zombie11. Judicial Noir12. After Cloudia13. Serenade14. Melodic Thorn ~美の暴力~(新曲)15. Philia16. OVERTURE~Aristocrat's Symphony<アンコール>17. Chandelier(新曲)18. THE RED CARPET DAY<ダブルアンコール>19. Sympathia20. The Revenant Choir

Versailles ワンマンライブ
2017年2月14日(火)東京都 日本武道館

最終更新:8月14日(日)13時51分

音楽ナタリー