ここから本文です

山部が銅メダル獲得 父との約束支えに…女子78キロ級の連続メダル守った

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 「リオ五輪・柔道・女子78キロ超級・3位決定戦」(12日、カリオカアリーナ)

 女子78キロ超級で山部佳苗(25)=ミキハウス=が銅メダルを獲得した。同階級で日本勢は3大会ぶりの制覇を逃したが、00年シドニー五輪から5大会連続の表彰台。今大会の日本柔道女子5個目のメダルとなった。初出場の山部は準決勝で前回覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に敗れたものの、3位決定戦でカイラ・サイト(トルコ)を下した。

 五輪の畳では少しの判断ミスが命取りになる。山部は準決勝で、前回女王のオルティス相手に積極的に攻めたが、一瞬組み手が甘くなったところで警戒していた大腰を食らった。「(奥襟ではなく)前襟をしっかり持っていれば防げた」と振り返り、「甘酸っぱい」と唇をかみしめた。

 それでも3位決定戦では落ち着いて指導を3つ奪い、銅メダルを死守。「女子重量級の伝統を途絶えさせないという思いがあった」と、この階級では00年シドニー大会の山下まゆみから続くメダルを守った。13年から指導する薪谷翠コーチは「今までなら1回負けたらもうダメになっていたけど、そこは成長した」と話した。

 ここまでの道のりには、最初の指導者でもある、柔道七段の父との約束があった。11年6月、父・徳一さん(56)が心筋梗塞で倒れ、集中治療室(ICU)に入った。

 心電図の音が鳴る中、「世界大会に応援に行きたかった」と気落ちする父に、「リオに連れて行く」と約束。「ICUでそう言わざるを得なかった」と笑うが、有言実行。五輪代表争いでは2番手だったが、今年の選考会で2連勝し、大逆転で切符を手にした。

 体に負担がかかる中リオ入りし、スタンドで娘の勇姿を目に焼き付けた父に、「ありがとうと伝えたい」と山部。「銅メダルだけどメダルが渡せて良かった」と心からの笑みを浮かべた。

最終更新:8月14日(日)6時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]