ここから本文です

絵本の世界広がる 14日まで郡山1万冊並ぶ

福島民報 8月14日(日)9時47分配信

 絵本の魅力や楽しみ方を紹介する「絵本ワールドinふくしま2016」は13日、福島県郡山市のビッグパレットふくしまで始まった。14日まで。
 福島民報社などでつくる実行委の主催、県書店商業組合の協力、県などの後援。約1万冊の絵本や児童書が並ぶ「子どもの本大展示」をはじめ、絵本作家による講演や読み聞かせ、お絵かき教室など多彩なイベントが繰り広げられている。
 初日は、絵本作家のよしながこうたくさんが絵本「給食番長」を表現豊かに読み聞かせ、来場者の目と耳を引きつけた。ワークショップで、子どもはパステル画の飾り物作りに挑戦。福島市在住の絵本作家あきばたまみさんに教えてもらいながら、優しい色合いの作品を作っていた。
 14日は午後1時半から、喜多方市出身の版画家山中現さんによるギャラリートーク「新美南吉の世界」が開かれる。よしながさんの読み聞かせとライブペイントは午前10時半から。絵本作家長田真作さんの講演会は午後3時から。
 開場時間は午前10時から午後5時まで。入場無料。

福島民報社

最終更新:8月14日(日)10時1分

福島民報