ここから本文です

頭を固定するという発想 車で座って安眠するための枕がクラウドファンディングで登場

ねとらぼ 8月14日(日)18時55分配信

 車や飛行機、電車の座席で寝る時の専用枕「NodPod」がKickstarterでクラウドファンディング中です。枕と聞くと頭の後ろに置かれるものを想像しますが、これは逆に顔側から座席に頭を固定するものになります。この発想はなかった。

【よく眠れそうです】

 座席に取り付けたNodPodを、あごを乗っけるようにして装着。約5キロあると言われている頭を強制的に固定することで、首を痛めずに座って寝ることができます。見た目は若干シュールなものの、これはよく寝られそう……。

 デザインは特許を取得済み。枕は低反発素材で作られていて、表面は汚れ対策に撥水性のコーティングをされた生地が使用されています。また、安全のため座席に固定させるためのコードは急激な衝撃や圧力ではずれるようにできています。

 資金は8月14日現在で3万5386ドルを集め、残り26日で目標の2万ドルを達成。すでに終了しているコースを除くと、NodPodを手に入れるためには限定300個の30ドル(約3000円)コース、または32ドル(約3200円)以上コースへの資金提供が必要です。ちなみに57ドル(約5800円)以上のコースでは、体を全身覆うことができるブランケットとのセットになっています。

(宮原れい)

最終更新:8月14日(日)18時55分

ねとらぼ