ここから本文です

松永“いばらの道”でつかんだ7位…競歩20キロで日本勢初入賞

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 「リオ五輪・陸上・男子20キロ競歩」(12日、ポンタル周回コース)

 男子20キロ競歩は今季世界ランク3位の松永大介(21)=東洋大=が1時間20分22秒の7位に入り、この種目で日本勢初の入賞を果たした。同2位の藤沢勇(28)=ALSOK=は21位、同1位の高橋英輝(23)=富士通=は42位に終わった。女子1万メートルは24歳のアヤナ(エチオピア)が29分17秒45の世界新記録で初優勝し、高島由香(28)=資生堂=は18位、関根花観(20)=日本郵政グループ=は20位だった。

 ゴール後、松永は精根尽き果てたように腰をかがめた。その目には涙がにじむ。うれしくても悔しくてもゴール後に泣く男は「メダルを狙っていたので悔し涙の方が大きいです」と唇をかみしめた。

 初出場の五輪で、スタートから先頭集団の前方に立ち、スタミナ切れを恐れずに引っ張った。終盤は順位を落としたが、日本競歩20キロで初の五輪入賞者となった。

 小2で両親が離婚し、松永は母に引き取られた。姉2人の3人きょうだい。陸上をしたくて一般入試で私立の横浜高に進学した。家計に負担をかけたことに負い目を感じ、大学へは陸上で名を売り、推薦で進学しようと決意。高1で競歩開始後は学校までの片道約4キロを競歩で通った。努力が実り、高3で高校総体と国体の5000メートル競歩で2冠達成。東洋大へのスポーツ推薦を勝ち取った。

 次は実業団からの勧誘を受けるチャンスと位置付けたリオ五輪で、きっちりと名を売った。「日本の(20キロ)競歩界は入賞経験がなかったし、ゴールから時間がたってみると歴史に名を刻めたのかなと思う。入賞を重ねてメダルを狙える位置に行くのがベスト。その第一歩として7位入賞できたのは誇りです」。もちろん第二歩以降も先頭に立つのは松永自身だ。来春には大学卒業。企業数社から誘われているという。実業団選手として迎えるであろう4年後、東京五輪で再び歴史を塗り替える。

最終更新:8月14日(日)7時2分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]