ここから本文です

由伸巨人、主軸沈黙で痛すぎ3連敗 阿部3戦連続無安打…広島と6・5差変わらず

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 「ヤクルト2-1巨人」(13日、神宮球場)

 重苦しい空気が三塁ベンチを包み込んだ。巨人は痛恨の3連敗で、6カードぶりの負け越し。首位・広島も敗れて6・5ゲーム差は変わらなかったが、高橋由伸監督は「何とか、明日は勝たないと…」と焦りの色をにじませた。

 あと一本が出なかった。一回、1死二塁の先制機で打率リーグトップの坂本、阿部がいずれも中飛。1点を追う八回は、1死三塁の絶好機で橋本到の空振り三振に続き、坂本も右飛に倒れて追いつくことができなかった。

 チームをけん引してきた坂本、阿部、村田のクリーンアップがこの夜は計11打数無安打。特に阿部は23試合連続安打がストップしてから、これで3試合連続無安打となった。高橋監督は「今まで随分打ってきたわけだから。打てない日ばかり彼らのせいにはできないですよ」とかばったが、主軸の奮起なくして逆転優勝はあり得ない。

 3連敗は6月30日から7月3日にかけて喫して以来。投打がかみ合い、7月は14勝7敗と大きく勝ち越した。8月も4連勝で滑りだし、広島とのゲーム差を縮めてきた。だが、7日の広島戦で逆転サヨナラ負けを喫してから、勢いに陰りが見え始めている。

 主将の坂本は「こういうこともある。切り替えて頑張ります」と、言葉を絞り出した。6連敗となった鬼門の神宮で、由伸巨人の底力が試される。

最終更新:8月14日(日)7時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]