ここから本文です

権力とメディア「けん制し合うべきもの」石破氏

エコノミックニュース 8/14(日) 9:52配信

 石破茂前地方創生担当大臣が退任後のブログで権力とメディアの関係について「民主主義の健全性のためには、どんな報道もあってしかるべきです。しかし権力(三権)とメディアはそれぞれがけん制し合うべきものであり、情報は故意に隠蔽・操作されることなく、国民に伝えられるべきものです」と書き込んだ。

 政府によるメディアへの圧力を指摘する声や懸念する論評、メディア側のさきの参院選挙報道での質量ともに切り込みの少ない姿勢が指摘される中、石破氏のブログには具体的事例や具体的な指摘はなかったものの、権力とメディアについて取り上げなければならない気にかかる傾向があったことを示唆するものといえよう。

 石破氏は「(権力とメディアのけん制し合う)バランスなくしては、国は崩壊していきかねません」と危機感を示した。

 そのうえで「国会議員は各々、国家ならびに自分を選んでくれた主権者に忠誠を誓うべきものであって、それ以外の要素に振り回されてはなりません」とも書き込み、「この2つだけは断じて忘れることがあってはならないとの思いのもと、正面から真摯に国民と向き合う政治を目指して研鑚を積んでまいります」とこの項に思いを綴っていた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:8/14(日) 9:52

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。