ここから本文です

【連載・下】初戦で露呈した世界での経験不足 どうなる?4年後の東京五輪

デイリースポーツ 8月14日(日)6時3分配信

 「手倉森JAPAN 敗退の裏側・下」

 「世界の修羅場を経験していない監督と選手が、つまらないミスをしたら痛い目に遭うと思い知った」-。手倉森監督はそう言って大会を振り返った。序盤の失点で平静を欠き、ミスを繰り返したナイジェリア戦。世界を知らないという弱点が大事な初戦に最悪の形で露呈した。

 手倉森監督も世界大会は初めて。オーバーエージ(OA)枠3人の国際Aマッチ出場数は興梠16、藤春3、塩谷2の計21試合。五輪、W杯の出場歴はない。世界大会経験者は11年U-17W杯メンバーの南野(ザルツブルク)ら7人だけだった。

 五輪の直近世代となるU-20W杯には、07年を最後に4大会連続で出場権を逃している。手倉森監督は「足りないものは経験。U-20W杯を経験していれば今回の下手な失点は防げた」と経験不足を敗因の一つに挙げた。

 20年東京五輪で中心となるU-19代表は、10月のU-19アジア選手権で5大会ぶりのU-20W杯出場を目指す。この世代は14年に4大会続いていたU-17W杯出場を途切れさせている。今回も敗れることがあれば、世界を知らないまま東京五輪を迎えることになり、リオ世代の二の舞となりかねない。

 U-19代表は精力的に海外遠征を繰り返し、強化を図っている。ただ、代表活動はリーグ戦の最中とあって、トップチームに絡む有力選手の招集にクラブ側が難色を示す場合もある。自国開催の五輪で今回と同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。本気でメダル獲得を目指すなら、日本協会、Jリーグが一体となった全面バックアップ体制が必要となる。「下部組織の年代から、全クラブ、協会を通じて代表強化をやらなければ」という手倉森監督の言葉は重い。リオの“宿題”の答えは、4年後の東京で出る。

最終更新:8月14日(日)7時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]