ここから本文です

女性版『オーシャンズ11』にアン・ハサウェイ&リアーナ!

シネマトゥデイ 8月14日(日)22時26分配信

 映画『ゼロ・グラビティ』などのサンドラ・ブロックが主演する女性版『オーシャンズ11』こと『オーシャンズ8(原題) / Ocean’s Eight』に、新たに『マイ・インターン』のアン・ハサウェイや歌手のリアーナらの出演が決定したとDeadline.comが報じた。

【写真】天使…!5歳のアン・ハサウェイ

 本作は、ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンが率いる犯罪チームを描いた『オーシャンズ11』シリーズで、ダニーの妹を中心に集結する女性メンバーたちを描くもの。主演のサンドラほか、その右腕を演じる『ブルージャスミン』『キャロル』のケイト・ブランシェット、『アリス・イン・ワンダーランド』のヘレナ・ボナム=カーター、『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』のミンディ・カリング、女優でラッパーのオークワフィーナらの出演が決まっている。あと一人のキャスティングが決定すれば8人が出そろうことになる。

 監督は、映画『ハンガー・ゲーム』のゲイリー・ロス。『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』すべての監督を務めてきたスティーヴン・ソダーバーグは、プロデューサーを務める。撮影は10月よりニューヨークにて開始予定。(鯨岡孝子)

最終更新:8月14日(日)22時26分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。