ここから本文です

黒沢清がフランス舞台に描くホラーラブストーリー「ダゲレオタイプの女」予告編

映画ナタリー 8月14日(日)22時8分配信

黒沢清が監督を務めた「ダゲレオタイプの女」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、1839年に発明された写真撮影法“ダゲレオタイプ”が引き寄せる愛と死を描くホラーラブストーリー。現地時間9月8日よりカナダで開催される、第41回トロント国際映画祭のプラットフォーム部門に正式出品される。

予告編には、ダゲレオタイプの写真家である父ステファンの被写体として拘束される女性マリー、そして彼女に思いを寄せ救い出そうとする青年ジャンの姿が。また、ひとりでに開くドアや、ステファンが自分に近づく何者かに怯える様子など、不穏なシーンも収められている。

全編フランス語で撮影された「ダゲレオタイプの女」は、10月15日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。キャストにはタハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリックらが名を連ねる。

※記事初出時より、出品部門に変更がありました。



(c)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema

最終更新:8月16日(火)12時35分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。