ここから本文です

大富豪のイギリス公爵、突然死で25歳のイケメン息子に熱視線

Movie Walker 8月14日(日)23時13分配信

世界的な大富豪で、イギリス屈指の不動産王として知られる第6代ウェストミンスター公爵のジェラルド・グローヴナーが9日、64歳の若さで急死した。

【写真を見る】イケメンと話題のヒューはジョージ王子の後見人

突然の死に、周囲が悲しみに暮れる中、弱冠25歳にして第7代公爵となった長男のヒュー・グローヴナーに熱い視線が向けられている。

米フォーブス誌によれば、グローヴナー家は世界で68位、英国で3位の大富豪で総資産額は90億ポンド(約1兆1850億円)に上る。

ウィリアム王子の息子であるジョージ王子の後見人としても知られているヒューには36歳、34歳、そして23歳の3人の姉妹がいるが、1066年にイギリスで定められた法律にのっとり、ヒューがすべての資産を引き継ぐことになるという。

突如として時の人となったヒューは、各メディアに露出するや否や「最もリッチでハンサムな独身男性」として早くも人気が急上昇。

デイリー・メール紙などには、2004年にウィリアム王子と一緒に写っている笑顔の少年時代のヒューや、2013年に行われたジョージ王子の洗礼式に出席したスーツ姿のヒューの写真が掲載されているが、「こんな時に不謹慎だけど、かっこよすぎる!」「お金持ちで俳優並のルックス、なんて素敵なの」「どんな女性と結婚するのかしら?」と世界中の女性たちを虜にしており、今後は一挙一動に注目が集まりそうだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:8月14日(日)23時13分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。