ここから本文です

【札幌記念展望】モーリスが登場! 2000メートル克服なるか

デイリースポーツ 8月14日(日)18時34分配信

 「札幌記念・G2」(21日、札幌)

 昨年の年度代表馬モーリスが、中距離路線に矛先を向けてきた。安田記念で2着に敗れ、連勝は“7”でストップ。折り合い難を露呈しての敗戦だけに、ポイントはやはり距離延長だろう。「調教では我慢が利いています。状態も追うごとに良くなってきました」と池田助手。チャンピオンズマイルでVに導いたモレイラ騎手がどう操るのか興味深い。

 11月に米遠征を控えるヌーヴォレコルト。前哨戦のここでぶざまな競馬はできない。今年に入ってからはやや精彩を欠いているが、「中間はいい動き。最終追いは流す程度で十分だね」と斎藤誠調教師が語るように、仕上がりに不安はない。

 宝塚記念で13着に大敗したヤマカツエースだが「馬場が敗因」と池添謙一騎手は力負けを否定する。小回りの芝2000メートルで重賞2勝を挙げている点は心強い。準オープンを連勝中のレッドソロモンは成長力を秘めた血統。ここが試金石になる。

最終更新:8月14日(日)18時37分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。