ここから本文です

【北九州記念展望】ベルカント連覇へ視界良好

デイリースポーツ 8月14日(日)18時34分配信

 「北九州記念・G3」(21日、小倉)

 アイビスSDで連覇を飾ったベルカントが断然の主役だ。自慢のスピードを存分に発揮して、積み上げた重賞タイトルは5つ。ここも連覇がかかり、勝てば史上2頭目のサマースプリントシリーズ連覇が近づく一戦となる。ハンデ(15日に発表)との戦いになりそうだが、速力と能力は一枚上の存在。勝って秋の大舞台へ、さらなる弾みをつけたいところだ。

 CBC賞は軽量を生かし2着に粘り込んだラヴァーズポイント。ゴール前で勝ち馬の強襲に遭い、首差で金星ゲットはならなかったが、ベルカント(3着)に先着したのは力をつけている証拠。3勝している小倉なら再度好勝負は可能だろう。

 オウノミチはバーデンバーデンCを格上挑戦でV。好位の内でロスなく立ち回ってゴール前で抜け出した。ハンデと内枠に恵まれた印象だが、晩成型の血統が開花したとも言える。この舞台では4戦3連対と得意にしており、重賞でも有望だ。

 アイビスSD3着のプリンセスムーンは新潟の直線競馬がベストだが、小倉でも勝ち鞍があり注意は必要。バーデンバーデンC2着のジャストドゥイング、1000万下Vから挑むフルールシチーの勢いにも注目したい。

最終更新:8月14日(日)18時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ