ここから本文です

広島・ヘーゲンスが来日初先発5回1失点 七回にエルドレッドが勝ち越し弾

デイリースポーツ 8月14日(日)19時57分配信

 「DeNA-広島」(14日、横浜スタジアム)

 広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手(27)が、来日初先発で5回を3安打1失点と好投した。

【写真】4番が仕事!新井先制タイムリー

 7日の巨人戦(マツダ)で、右肩の違和感を訴えた岡田に代わる形で、中継ぎとして44試合に登板し、防御率2・44と結果を出していたヘーゲンズに先発が回ってきた。

 1点リードの二回には、筒香の四球から、宮崎の左中間を破る適時二塁打で同点とされたが、以降は安定した投球を続けた。

 四回は先頭の梶谷に二塁打を浴びたが、筒香を一邪飛、ロペスを三ゴロに。最後は倉本を見逃し三振に斬った。

 同点で勝ち負けは付かず、5回66球で役目を果たしてマウンドを2番手の大瀬良に譲ったが、先発不在のピンチを救い、試合を作った。

 大瀬良も1番・桑原からの上位打線を、3者凡退に抑えて流れを作ると、七回にエルドレッドが17号勝ち越し弾を左翼席へとたたき込んだ。

最終更新:8月14日(日)20時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。