ここから本文です

広島2番手の大瀬良が好投 右肘痛から“復活”1回無失点

デイリースポーツ 8月14日(日)20時27分配信

 「DeNA-広島」(14日、横浜スタジアム)

 広島の大瀬良大地投手(25)が、2番手で1回を無安打無失点。直後に打線が2点のリードを奪い、今季初勝利の権利を手にして降板した。

 来日初先発で5回1失点のヘーゲンズの後を受けて六回から登板した大瀬良は、先頭の桑原を真ん中高めのカットボールで二飛に。続くエリアンも最速148キロの直球で二飛に打ち取ると、梶谷は内角のカットボールで捕邪飛。危なげない投球で3者凡退として、続く攻撃に流れを引き寄せた。

 春季キャンプで右肘痛を発症。復帰登板した7月20日の中日戦は、3回7安打4失点。黒星を喫して翌21日に出場選手登録を抹消されていた。今月9日のウエスタン・オリックス戦(由宇)で今季、初めて中継ぎ登板。中1日を明けた11日の同戦でも中継ぎ登板し、12日のDeNA戦(横浜)から、1軍に再合流していた。

 この回、打順が回ってきたところで、代打・下水流が告げられた。2点のリードを奪ったことで、このまま勝利すれば昨年9月5日のヤクルト戦(神宮)以来、344日ぶりの勝ち星となる。

最終更新:8月14日(日)20時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]