ここから本文です

武邦彦さん通夜 ユタカ声詰まらせる 「元気に戻ってきてくれると願っていた」

デイリースポーツ 8月14日(日)21時0分配信

 12日に77歳で死去した元JRA騎手、調教師の武邦彦さんの通夜が14日、滋賀県草津市の葬儀場で行われ、近親者、競馬関係者ら約350人が故人をしのんだ。

【写真】武邦彦さん&武豊…親子ツーショットで記念撮影

 遺影にはダンディーだった故人らしく、ブルーのワイシャツにワインカラーのタイで決め、柔和な笑みを浮かべるショットが使用された。

 親族代表であいさつに立ったのは三男の武豊。「今年の春から体調を崩し、入退院を繰り返しておりました。きっと何事もなかったかのように、ひょうひょうと元気に戻ってきてくれると願っていましたが、かなわぬ願いとなりました」と話すと、競馬では泣いたことがないクールな男が涙をこらえ切れずに声を詰まらせた。

最終更新:8月14日(日)21時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。