ここから本文です

履正社、山本の決勝3ランは山田哲人パワー 激励メールとTシャツの差し入れ

デイリースポーツ 8月14日(日)21時32分配信

 「全国高校野球・2回戦、履正社5-1横浜」(14日、甲子園球場)

 東西の優勝候補同士の対戦は、雷雨による二度の中断を経て、履正社に軍配が上がった。試合後、岡田龍生監督は勝因に“山田パワー”を挙げた。

【写真】投げてはプロ注目の寺島が1失点完投

 2010年度の卒業生で、甲子園も経験したヤクルト・山田哲人内野手(24)から、1回戦後にTシャツと1通のメールが届いた。たった1行、「がんばってください」と記されていた。指揮官は「あいつはそういうやつなんです」と笑い飛ばしたが、もらったTシャツはアルプスの応援団が着て試合に臨んだ。

 くしくも決勝の逆転3点本塁打を左翼席に運んだ8番・山本侑度右翼手(3年)の応援歌は、山田が普段使っているもの。山田は現在、左第8肋骨(ろっこつ)骨挫傷で登録を抹消されているが、後輩たちはスタンドも含めチームが一丸となって、偉大なOBの思いに応えた。

最終更新:8月14日(日)21時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。