ここから本文です

広島・大瀬良が344日ぶりの白星 右肘痛乗り越えて最速148キロ

デイリースポーツ 8月14日(日)22時54分配信

「DeNA2-3広島」(14日、横浜スタジアム)

 広島の大瀬良大地投手(25)が六回、2番手で1回を投げて無安打無失点。直後に打線が2点を奪って勝利し、今季初勝利を手にした。昨年9月5日のヤクルト戦(神宮)以来、344日ぶり勝ち星となった。

【写真】さすがエルド!復帰即アーチ

 同点の六回から2番手で登板した大瀬良は、先頭の桑原を真ん中高めのカットボールで二飛に。続くエリアンを直球で二飛に斬ると、最後は梶谷を内角のカットボールで捕邪飛に抑えた。危なげのない投球で3者凡退に。続く攻撃に流れを引き寄せた。

 「ヘーゲンズも一生懸命、投げていたので。打順もそうですけど、自分のやってきたことを信じて。強い気持ちだけは忘れないように投げました」

 春季キャンプで右肘痛を発症。復帰登板した7月20日の中日戦は、3回7安打4失点。翌21日に出場選手登録を抹消されていた。今月9日のウエスタン・オリックス戦(由宇)で今季、初めて中継ぎ登板。中1日をあけた11日の同戦でも中継ぎ登板し、12日のDeNA戦(横浜)から、1軍に再合流していた。

 この日、直球の最速は148キロ。「やっぱり直球で押せないと厳しい、と。強い球を投げるために、2軍でやってきた。勝ちを呼び込める投球ができてよかった」とし、原点回帰で磨いてきた直球に手応えを口にした。緒方監督は「大地もいい形で入ってくれた。このまま2、3イニング投げてくれたら、また別の形ができる」と、今後の投手編成に厚みが増すことで、手応えを口にしていた。

最終更新:8月14日(日)23時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]