ここから本文です

日本勢は福士の14位が最高「こんなに頑張った自分はいない」

デイリースポーツ 8月15日(月)0時11分配信

 「リオ五輪・マラソン女子」(14日、サンボドロモ発着周回コース)

 日本勢は福士加代子(34)=ワコール=が2時間29分53秒で14位、田中智美(28)=第一生命=が2時間31分12秒で19位、伊藤舞(32)=大塚製薬=は2時間37分37秒で46位だった。

 レース序盤は3人が先頭集団に入ったが、10キロを過ぎた時点で第2集団に。12キロ過ぎ、福士が先頭集団に追い付いたが、その後はじりじりと後退した。日本はこの種目で、3大会連続で入賞すら果たせなかった。

 福士はレース後、笑顔で「金メダル取れなかった~!本当、しんどかった」と絶叫。「いろいろなことがしんどすぎて、でも金メダルを目指してたから、最後まで頑張れた。こんなに頑張った自分はいないかな。オリンピックのマラソンは出るもんだね。苦しいけど」と話した。

 田中は「悔しい気持ちでいっぱいですけど、楽しい42・195キロでした。今の力は発揮できた」と振り返った。伊藤は「しっかり準備をして、自分の持っている力をオリンピックの舞台で出し切ることが目標だったんですけど、それはできなかったです。でも目標としていた舞台に立てたことはよかったと思います」と話した。

 優勝はジェミマ・スムゴング(ケニア)で、2時間24分04秒だった。ケニア勢では初の金メダル獲得。

最終更新:8月15日(月)0時40分

デイリースポーツ