ここから本文です

【MLB】マリナーズの岩隈、6回途中3失点で14勝目 青木は1安打

ISM 8月14日(日)17時1分配信

 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が現地13日、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に先発登板。5回1/3を9安打、無四球、2三振、3失点の内容で、今季14勝目(7敗)を挙げた。

 マリナーズは1点を追う4回、先頭の指名打者ネルソン・クルーズが29号ソロを放って同点とすると、続く5回にはロビンソン・カノ二塁手から26号2ランが飛び出すなど、3点を勝ち越し。その後は、岩隈ら5投手の継投でアスレチックスの反撃を2点にとどめ、4対3で逃げ切り勝ちを収めた。

 マリナーズの青木宣親外野手は、1番レフトで先発出場し、5打数1安打の成績だった。クルーズとセス・スミス外野手がそれぞれ2安打、1打点を記録。また、5番手のエドウィン・ディアス投手が今季6セーブ目をマークした。

最終更新:8月14日(日)17時6分

ISM

スポーツナビ 野球情報