ここから本文です

大黒摩季、故郷で完全復活 6年ぶり涙のライブ「ホーム、ただいま~!」

オリコン 8月14日(日)15時51分配信

 2010年11月から活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季(46)が13日、故郷の北海道で開催された野外フェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』(石狩湾・新港ふ頭)に出演。完全復活を果たし、10月16日に再び故郷・札幌で単独ライブを行うことを発表した。

【写真】8000人の観客と「ら・ら・ら」

 午後2時50分、この日のために集結したスペシャルバンドのメンバー(Dr:青木和義=T-BOLAN、Ba:徳永暁人=doa、Sax:勝田一樹=DIMENSIONら)がステージに登場。20年前の夏、日本中を沸かせていたNHKアトランタ五輪テーマソング「熱くなれ」のイントロとともに大黒が登場すると「お帰りなさい!」「待ってたよ~!」という大歓声があがった。

 復帰の第一声は「ホーム、ただいま~!」。立て続けに「DA・KA・RA」「チョット」「別れましょう私から消えましょうあなたから」「Halem Night」とヒット曲を畳み掛けた。鳴り止まない拍手や歓声に思わず涙しながら、1990年代を代表するヒット曲の連発で常に会場は興奮状態。

 「『もう一度歌えるかな?』って何度も思っていたから、きょうこの場に立てるのは奇跡です! なまら(とても)楽しい」と満面の笑み。「ただいま!って月並みですけど勇気出して良かったな~、って思いました」と心の底からライブを楽しんだ。

 子宮疾患の治療と不妊治療を理由に無期限で活動を休止し「大黒摩季として復帰できるのか?という不安の日々の連続だった」という大黒だが、6年間のブランクを感じさせないパフォーマンスで8000人を盛り上げていた。

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』セットリスト
1「熱くなれ」
2 大黒摩季 ヒット曲メドレー
「DA・KA・RA」「チョット」「別れましょう私から 私から消えましょうあなたから」「Harlem Night」
3「永遠の夢にむかって」
4「あなただけ見つめてる」
5「夏が来る」
6「いちばん近くにいてね」
7「Anything Goes」
8「ら・ら・ら」
9「Higher↑↑ Higher↑↑」(矢印の向きは右斜め上)

最終更新:8月14日(日)15時52分

オリコン