ここから本文です

【GOLF】岩田は58位タイで最終日へ 5勝目狙うR.ムーアが首位浮上

ISM 8月14日(日)11時5分配信

 米男子ツアーのジョン・ディア・クラシックが現地時間13日、イリノイ州のTPCディアランで順延分の第2ラウンドおよび第3ラウンドの競技を終え、2戦ぶりに予選通過となった岩田寛は通算5アンダー58位タイとなった。通算18アンダーの首位はライアン・ムーア(米)。

 2日目のティーオフ前に競技中断となっていた岩田はこの日36ホールをプレーした。第2ラウンドでは3バーディ、ノーボギーの3アンダー68とスコアを伸ばし、44位タイで予選を突破。しかし、来季シード権確保、プレーオフシリーズ進出へ猛チャージといきたかった第3ラウンドは、中盤伸び悩みながら2バーディ、1ボギーの1アンダー70と大きくは伸ばせなかった。

 ツアー5勝目へ絶好の位置につけたムーアは、6アンダー65をマークした第2ラウンドの終了時点でウェズレイ・ブライアン(米)と首位に並ぶと、続く18ホールでも6つ伸ばし、3ラウンド連続の「65」で奪首成功。1打差2位タイにはツアー1勝のベン・マーティン(米)と初勝利を目指すモーガン・ホフマン(米)が続く。

 暫定首位タイから出たブライアンは第3ラウンドで1アンダー70と波に乗れず、通算13アンダー5位タイに後退した。そのほか、2009年から今大会3連覇を達成しているスティーブ・ストリッカー(米)は通算7アンダー37位タイ。2012年王者のザック・ジョンソン(米)は通算6アンダー50位タイとなっている。

最終更新:8月14日(日)11時6分

ISM