ここから本文です

【速報レポート】VAMPS、<BEAST PARTY>初日「始まったぜ!一緒に夏を楽しもうぜ!」

BARKS 8/14(日) 6:06配信

VAMPSが8月13日および14日の2日間にわたり、大阪・舞洲 太陽の広場 野外特設ステージにて<VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY>を開催中だ。初の関西エリアで繰り広げる真夏のパーティーは灼熱の盛り上がり。その初日の速報レポートをお届けしたい。

◆VAMPS 画像

VAMPSの夏が始まった。2012年に開催された<VAMPS LIVE 2012 BEAST ON THE BEACH>は愛知県蒲郡LAGUNA BEACH特設ステージで開催されたビーチイベントだった。<VAMPS LIVE 2013 BEAST PARTY>は世界遺産・富士山の麓、山中湖を臨むレイクサイドにて2DAYS開催。3年目に突入した<VAMPS LIVE 2014 BEAST PARTY>が2DAYS開催されたのは山々の雄大な景色が麗しい新潟県国営越後丘陵公園だ。過去最高動員を記録した昨年の<VAMPS LIVE 2015 BEAST PARTY>は東京湾沿いにステージを特設した千葉県の幕張海岸で2DAYS開催となった。ビーチや避暑地などの野外会場にして、毎回開催地が異なるワクワク感。加えてホスピタリティも充実した同フェスはタイトル通り、VAMPSによる真夏の一大パーティーとして恒例となった。

記念すべき5回目の<BEAST PARTY>は前述のとおり関西エリアでの初開催。舞洲は“大阪ベイエリア”の人口島だ。レジャー施設ほか巨大なスポーツ施設がその大部分を占めるとあって、広大な敷地にはベースボールスタジアムや総合運動場、テニスガーデン、音楽イベントでも使用されるアリーナなども併設されている。<VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY>は大阪湾を臨む太陽の広場での開催となる。

全国的に好天となったお盆の初日、ここ大阪の空も海も青々と光り輝き、容赦なく太陽が会場を照りつける。最高気温36度の猛暑が<BEAST PARTY>を一層熱くさせていくようだ。しかし、大阪湾から吹き込む風が、爽快さをともなって心地よく、日陰では気持ちよさげに仮眠をとるBLOODSUCKERたちの姿も。メインゲートをくぐり抜け、ライヴエリアへ向かう途中には、“休憩エリア”が設けられ、メンバープロデュースによる食が楽しめるフードコートやASH DA HEROのアコースティック・ライヴも開催されるイベントブース、ツアートラックの展示やオフィシャルグッズテントなど。10:00の開場から終演後まで、さまざまな趣向が凝らされた空間がパーティーを盛り上げてくれる。ちなみに休憩エリアは入場無料だ。

その休憩エリアからライヴエリアへ続く道の途中が、この上なく美しい。突然眼前に大阪湾が広がり、視線を左にずらすとステージがそびえ立つ。廃屋のようなサビたトタンや煙突、歯車が配されたステージは海賊たちの居城のごとく威風堂々、<BEAST PARTY>のロゴが刻印されたボロボロのフラッグが幾重にもなびいて、異様な存在感を放つ。

17:30、定刻通りスタートしたライヴはド頭からパーティそのもののお祭り騒ぎだ。驚きの登場シーンを皮切りに、エンディングの打ち上げ花火の乱れ打ちまで、大阪の夜が熱く燃え上がった。公演は翌14日も続くため、セットリストの多くや演出の詳細についてはあえて触れないが、初日ならではの緊張感とテンションの高さ、見どころについてご紹介したい。

演奏された20数曲は、ライヴで演ったら盛り上がらずにはいられないナンバーの揃い踏み。K.A.Zのギター回しからスタートしたライヴ本編は怒濤に次ぐ怒濤。HYDEはランウェイを含めて左右幅50m以上あろうかというステージを駆使したパフォーマンスを披露して広大な客席を煽るなど、オープニングからクライマックスシーンの連発だ。「始まったぜ! 一緒に夏を楽しもうぜ! Come on!BLOODSUKERS!」というHYDEのMC第一声に、場内のボルテージも上昇していくばかり。とりわけ、序盤に披露された「ANGEL TRIP」は、客席がタオル回し一色に染め上げられて壮観だった。そこかしこで、青空に舞うタオルがオープンエアーの開放感を一層高めてくれる。

「いい感じの夕焼けだね。真っ正面に夕日が沈んでいくのが見えるんだよ」というHYDEの言葉に続き、中盤に披露されたのは、暮れゆくシチュエーションにマッチしたアコースティックセットだ。その言葉通り、真っ赤な夕陽がサブステージを彩色した“自然の演出”はあまりにも美しく、あまりにも雄大なものとなった。もちろん、カバーを含む選曲の妙は言うまでもない。2日目に参加する人は、そのアコースティックアレンジも含め、ぜひとも楽しみにしていただきたい。

後半の口火を切ったナンバーはお待ちかねの新曲「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」。上半身裸となったHYDEが全身から弾き出すような歌声を響かせ、K.A.Zの16ビート刻みが楽曲をヘヴィに疾走させる。すっかり陽が落ちた太陽の広場に、照明をはじめとするさまざまな演出が楽曲を色とりどりに彩って、気持ちいいほどの音圧が新鮮にアピールしてくるようだ。この後も、最新ナンバーをはじめ、客席から悲鳴が上がったライヴで久々に演奏される楽曲を披露、さらには野外ならではのシチュエーションを使ったサプライズも用意されているなど、とにかく見どころには事欠かない。なによりも、「気持ちいいね。良い感じだね」という言葉を連発していたHYDEの笑顔がライヴの大成功を物語っていた。

初日のラストを締めくくったのは「SEX BLOOD ROCK N'ROLL」。狂乱のロックナンバーが大阪の夜を最高に輝かせ、「最後に一緒に花火を観よう!」というHYDEの言葉に導かれてエンディングで乱発された花火が、真夏の夜を夢のようにキラキラと光らせて幕を閉じた。

<VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY>は翌14日に2日目が開催される。同公演にはスペシャルゲストとしてL'Arc~en~Cielのkenが出演する予定だ。初日とはまた異なるものになるであろう<BEAST PARTY>をお楽しみに。

■<VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY>
2016年8月14日(日)大阪府 舞洲 太陽の広場 野外特設ステージ
開場 16:00 / 開演 17:30
▼チケット
スタンディングブロック指定 9,200円(税込)
*6歳未満無料(チケットをお持ちの保護者1名につき同伴で1名まで、6歳以上要チケット)
▼BEAST PARTY 休憩エリア
開場 10:00 / 終了 22:30 (予定)
FOODエリア / GOODS販売 / LOGOS テントエリア / クローク / ミニステージ 等
▼BEAST PARTY 駐車場
特設駐車場:休憩エリアに隣接する有料特設駐車場。会場へのアクセスもよく、車を休憩エリアの拠点にしていただくことも可能です。
●コスモスクエア駅特設乗降場~会場 シャトルバス
http://beastparty2016.vampsxxx.com/

■ニューシングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless in White」
2016年8月31日リリース
【初回限定盤A / CD+DVD】UICV-9180 税込¥1,728
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
[DVD]
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White -Music Video-
2. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White -Music Video Documentary-
【初回限定盤B / CD+バンダナ】UICV-9181/PDCV-5004/PROV-5005 税込¥2,376
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
[バンダナ]
サイズ:53cm x 53cm
UICV-9181:全国のCDショップおよびウェブ・ストア販売
PDCV-5004:Universal Music Store 限定販売
PROV-5005:VAMPROSE STORE 限定販売
※実際の商品とはデザイン、色など多少異なることがございます
【通常盤 / CD Only】UICV-5052 税込¥1,080
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
▼封入特典
VAMPS恒例のリリース企画、豪華賞品が当たる”VAMPS CHANCE”
【スペシャル・イベント参加コース】
都内某所で行われるスペシャル・イベントにご招待。日程・場所・当選人数・イベント内容等の詳細は、決まり次第ご案内いたします。シリアルナンバーどれでも3枚1口の応募コース。
【オリジナル・トートバッグコース】
VAMPSオリジナル・トートバッグを抽選で300名様にプレゼント。シリアルナンバーどれでも1枚で1口の応募コース。
※上記コース共に応募者にはもれなくデジタル壁紙をプレゼント
[応募期間]
2016年8月31日(水) AM11時 ~ 2016年9月5日(月) AM11時
※今後コースが追加される可能性もございます。追加発表の際はウェブサイト等でご案内いたします。
▼購入特典
店頭およびWEBで商品をご購入の方に先着で特典をプレゼント(一部店舗除く)。特典内容は、後日オフィシャルHPにて発表します。
▼配信
配信日:7月29日(金)
配信内容:INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White 単曲配信

■籠城型ツアー<VAMPS LIVE 2016>
【ZEPP NAGOYA】
2016年7月06日(水)ZEPP NAGOYA ※ACOUSTIC DAY
2016年7月07日(木)ZEPP NAGOYA ※ACOUSTIC DAY
2016年7月09日(土)ZEPP NAGOYA ※STUDENTS ONLY DAY
2016年7月10日(日)ZEPP NAGOYA ※BEAUTY & THE BEAST
2016年7月12日(火)ZEPP NAGOYA
2016年7月13日(水)ZEPP NAGOYA
【NAMBA HATCH】
2016年7月16日(土)NAMBA HATCH ※ACOUSTIC DAY
2016年7月17日(日)NAMBA HATCH ※ACOUSTIC DAY
2016年7月20日(水)NAMBA HATCH ※STUDENTS ONLY DAY
2016年7月21日(木)NAMBA HATCH ※BEAUTY & THE BEAST
2016年7月23日(土)NAMBA HATCH
2016年7月24日(日)NAMBA HATCH
【ZEPP SAPPORO】
2016年9月03日(土)ZEPP SAPPORO
2016年9月05日(月)ZEPP SAPPORO ※ACOUSTIC DAY
▼開場 / 開演
平日 OPEN 18:00 START 19:06
土日 OPEN 16:00 START 17:06
【ZEPP TOKYO】
2016年9月10日(土)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment
2016年9月11日(日)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment
2016年9月13日(火)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
2016年9月14日(水)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
2016年9月16日(金)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
2016年9月17日(土)ZEPP TOKYO ※サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
▼開場 / 開演
平日 OPEN 18:00 START (サポート・アクト) 18:30
土日 OPEN 16:00 START (サポート・アクト) 16:30
▼チケット
前売り:6,660円 (税別/ドリンク代別)
STUDENTS ONLY DAY 前売り:4,200円
ACOUSTIC DAY 前売り:S席 15,000円 / A席 12,000円
▼<VAMPS LIVE 2016>サポートメンバー
◆ACOUSTIC DAY◆
Guitar:YUKI
Drums:笹渕啓史
Piano:堀向彦輝
Violin:納富彩歌、東山加奈子
Viola:金孝珍、山田那央(なんばHatchのみ)
Cello:今井香織
Double Bass&Bass:森田晃平
Chorus:asami、羽鳥奈々
◆その他の公演◆
Bass:Ju-ken from Derailers
Drums:ARIMATSU
Keyboards & Manipulator:JIN

■<VAMPS LIVE 2016 追加公演 -ACOUSTIC DAY->
2016年9月20日(火) 舞浜アンフィシアター
OPEN 18:00 START 19:06
▼チケット
S席 15,000円 / A席 12,000円
一般発売:2016年9月3日(土) AM10:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

最終更新:8/14(日) 6:06

BARKS