ここから本文です

ケニーが内藤を倒しG1決勝に進出!「俺がWWEに所属しない最高の選手だ!」

バトル・ニュース 8月14日(日)11時31分配信

 13日、両国国技館3連戦2日目となる『G1 CLIMAX 26』にて、ケニー・オメガが内藤哲也を倒しBブロック決勝進出を決めた。

 この日Bブロック決勝進出の目があったマイケル・エルガンと柴田勝頼はそれぞれ中嶋勝彦とEVILに敗退し10点でG1を終える。メインイベントでの内藤とケニーの勝者が決勝進出となる状況となり、試合はBULLET CLUB前のケニーを髣髴とさせるような場外への鉄柵超えスワンダイブトペコンヒーロなど荒々しいファイトが繰り広げられる。

 25分を超え、前日のオカダvs棚橋の時間切れ引き分けが頭をよぎる中、ケニーの片翼の天使を内藤がデスティーノで切り返しコーナーに登らせると雪崩式リバースフランケンでフォールも2。
 内藤が再度デスティーノを狙うも飯伏幸太が行ったリバースインプラントでケニーは切り返す。ケニーはVトリガーからがクロイツラス。これを返されるとVトリガーから片翼の天使を叩き込んで残り時間1分40秒で試合に勝利した。

 ケニーは「今日の試合でいろいろな変化に気付いた。新日本ファンが俺のことをどう見ていたのか。俺がお前らのことをどう感じているのかもわかった。今日だけは俺はファンからのサポートが欲しかったが、お前たちは内藤だけを応援していた。内藤コールがたくさんあった。ところがどうだ?俺が勝った途端に『ケニー』コールが始まったよ。俺は日本が主戦場だと考えている。ホームだと思っていたのに、内藤ばかり応援していた。俺は心も体もヒザも首もファンに捧げたのに。俺は明日後藤と戦うが、どうぞ後藤を応援してやってくれ。もっとも俺は俺自身に賭けるけどな」とファンに語り、
 バックステージでは「俺を見ろよ!もうボロボロになってる、だがこの肉体、技術、スピード、パワー。そしてセクシーさ。誰もが俺を欲しがるだろうな。明日の結果はわかっている。バレット・クラブの誰もがなしえなかった、そしてこれまで参戦した外国人レスラーになる。それは俺にこそふさわしい栄冠だ。俺がWWEに所属しないフリー・エージェントとしては最高の選手だ。さぁ俺のTシャツを買って俺のことを応援しろ。これから俺の伝説が始まるのだからな!」と優勝宣言。

 14日、ケニーは後藤洋央紀相手にG1決勝戦を迎える。

最終更新:8月14日(日)11時31分

バトル・ニュース