ここから本文です

マカオの世界遺産・聖オーガスチン教会、一般公開再開時期未定=今年5月の天井崩落受け修復中

マカオ新聞 8/14(日) 10:08配信

 今年(2016年)5月29日、マカオ旧市街エリアにある世界遺産・聖オーガスチン教会で天井の一部(約5メートル四方)が崩落する事故が発生。これを受け、同教会では一般公開中止が続いている。

 マカオの政府系放送局TDMが8月12日午後のラジオニュースで報じた内容によると、マカオの世界遺産を管轄する文化局(ICM)の呉衛鳴局長は同日、聖オーガスチン教会の修復工事の完了まで約1ヶ月かかる見込みとした上、一般公開の再開時期については工事完了後に実施を予定している検査の結果を踏まえて判断する必要があるとし、現時点では未定との考えを明らかにした。

 ICMのウェブサイトによれば、聖オーガスティン教会の建物は1874年に大規模改修を経て現在の姿となり、主体構造はレンガ造り、天井部分は木造という。ICMでは、事故直前の風雨の影響で屋根の木骨部が大量の水分を含んだ状態となり、瓦の重みに耐え切れなかったことが原因との見方を示している。

 マカオに30箇所ある世界遺産をめぐっては、今年(2016年)に入って以降、受難が続いている。1月25日に旧城壁の一部が何者かによって黄色い塗料で着色されたほか、2月5日に盧家屋敷が隣接する建物の壁面が崩落した影響で一部破損、2月10日には媽閣廟の正殿にあたる正覚禅林が電気系統のショートによる火災で重大な損傷を受けている。媽閣廟正覚禅林は現在も一般公開中止が続いている。

最終更新:8/14(日) 10:08

マカオ新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革