ここから本文です

熱気はサッカーにとどまらず=荒れるブラジルxアルゼンチン対決=バスケ会場重点警備置かず

ニッケイ新聞 8月14日(日)6時27分配信

マリオ・アンドラーダリオ五輪組織委広報部長は12日の朝、「13日の男子バスケットボール、ブラジル対アルゼンチンに特別警備体制を敷くことはない」と表明した。
 同氏はサッカーにおける両国サポーター間のライバル関係が、バスケ会場で再現されるのは「おもしろい」としながらも、特別警備体制を敷くほどではないとした。
 「この試合に限らず、我々はすべての試合において適切な警備体制を敷いている。ブラジル・アルゼンチン間のライバル関係はもちろん知っているが、観客や選手も五輪の精神に則って振る舞ってくれるはず」と同広報部長は語った。
 大会開幕以来、ブラジルとアルゼンチンの対戦する試合では加熱するサポーター同士の対立が露わになっており、8日の男子テニス、ファン・マルティン・デル・ポルト(アルゼンチン)対ジョアン・ソウザ(ブラジル)戦では観客席で、両国ファン同士の喧嘩も発生した。
 元女子フィールド・ホッケー、アルゼンチン代表のルシアナ・アイマールも12日朝の共同会見に招かれ、「対戦相手への尊敬の気持ちは、まず戦っている選手から示さねばならない」との述べた。
 
試合は再延長にもつれ込む大接戦の末、アルゼンチンがブラジルを111対107で降した。

最終更新:8月14日(日)6時27分

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]