ここから本文です

SMAP解散報道に太田光、和田アキ子、市川海老蔵など芸能界から様々な意見が飛び出す

E-TALENTBANK 8/14(日) 21:08配信

14日未明、アイドルグループのSMAPが、16年12月31日をもって解散することを発表し、リオ五輪開催期間中でありながら、各スポーツ紙が一斉に一面で取り上げるという異例の事態になった。

この発表に各界の有名人も様々な反応を寄せている。ブログでは市川海老蔵が「え?SMAP解散?」というタイトルで、「寝ぼけているのか? 私、 SMAP解散なの? 嘘だ…」とコメントした。また、過去に本木雅弘、布川敏和とシブがき隊の活動を通してジャニーズ事務所に所属し、グループ解散を経験した薬丸裕英は「今朝の新聞記事」というタイトルのブログで「メンバー・スタッフ みんなで話し合った 苦渋の決断みたいなので仕方ない」と理解を示す。また、薬丸は、長期間グループで活動するという難しさ、なによりSMAPが25年間もトップアイドルとして活動してきたことをあげ、「残念と思う事より25年間の 彼らの素晴らしい功績を称えたい」と結んだ。

同日の情報番組でもこの話題は大きく取り上げられた。TBS系「サンデージャポン」では鈴木奈々が「私が初めて好きになったアーティストがSMAPさんだったんですよ」と話し、「今日出勤中に電車の中で(SMAPの曲を)聴いてたんですよ。電車でSMAPの音楽を聞きながら涙が止まらなかったです」と明かした。テリー伊藤は、「マイケル・ジャクソンみたいに死んだ訳ではないから、いつかは戻ってくる可能性がある中で、そういう思いの中でSMAPを、まあそれぞれ個々を応援していくのもいいんじゃないかな」と冷静にコメント。堀江貴文氏は「事務所に残りながらバラバラになるっていうのは相当なにかあったんでしょうね、確執が…。じゃなかったらこうならないと思いますし」とメンバー間の関係性について言及した。

司会を務める爆笑問題の太田光は「本人たちにしかわからないことですしね」と話しつつも、「お互い意思疎通できないなにかがあったんだと思うし、憶測でいろいろ言われるだろうけど、デリケートだからね全員。だからちょっと心配っちゃ心配だよね」とSMAPメンバーを気づかう発言をしたのだった。

TBS系「アッコにおまかせ!」でもこの話題に大きく時間を割いた。出川哲朗はメンバーの中居正広とも親交が深いということで、前日に連絡をもらっていたと明かす。驚く他の出演者に詳しく説明を求められていたが「残念だけど解散することになっちゃったんで、まあまあ詳しくは今度話すから」というメールをもらっただけだと説明し、「ちゃんと話してない」と答えた。和田アキ子は、同番組がスポーツ紙からまとめた各メンバーのコメントに反応し、5人目の香取慎吾の「突然のお知らせを深くお詫びします」というコメントを確認した後、「そうですよ、なんでも、オリンピックなのにここで全紙が(1面に)」と驚いた様子で話した。

この報道はSMAPと同じジャニーズ事務所所属の後輩にも大きな衝撃を与えたようだ。現在、グループでの活動休止中のKAT-TUNの中丸雄一は、日本テレビ系「シューイチ」でSMAPの解散について「本当困惑してますね」と話す。自身もグループが活動休止中ということで「休止している身として、見ていると泣けるなと思いましたね」と正直な気持ちを述べ「決断にいたるまで相当話し合いを重ねたと思うんですよ」とし、「少なからず同じ事務所の後輩は絶対に影響受けてるし、ちょっと悲しいですよね」と心境を明かしたのだった。

最終更新:8/14(日) 21:08

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]