ここから本文です

ロッテ関谷、好投も6回に3失点で2敗目 「最低でも1点に抑えなければ…」

Full-Count 8/14(日) 7:10配信

2試合連続完封の流れに乗れず…伊東監督は評価「ゲームはしっかり作ってくれた」

 ロッテのルーキー関谷亮太投手は13日、6連敗と苦しんでいたソフトバンク打線を5回までわずか1安打に封じながら、6回2死から3失点で2敗目。2試合連続完封勝利としていたチームのいい流れに乗れなかった。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2回に先頭の松田を歩かせると、吉村に得意のチェンジアップで三遊間を破られピンチを招いたが、福田の送りバントに好フィールディングを見せて松田を三塁で刺した。

「(田村の)指示はファーストだったが、自分の感覚で…。先頭打者を歩かせてますから」。責任感もあった。続く鶴岡を内角の140キロで詰まらせ遊ゴロ併殺打でしのぎ、5回まで危なげないピッチングを見せた。

 6回も簡単に2死を取ったが、中村晃、柳田に連打を許し、内川のアクシデントで4番に入った明石に決め球のチェンジアップを右前に運ばれて先制点を献上。さらに、吉村には中前に2点タイムリーを浴びた。

 伊東監督は「2アウトからもったいなかった。でもゲームはしっかり作ってくれた」と評価。関谷は「最低でも1点に抑えなければいけなかった。先に点をやらないと思って投げたが、相手の間合いになってしまった」と悔やんでいた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/14(日) 7:10

Full-Count