ここから本文です

【速報】錦織 マレーに完敗で3位決定戦へ、日本勢96年ぶりメダルは持ち越し<男子テニス>

tennis365.net 8月14日(日)1時30分配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は13日、テニスの男子シングルス準決勝が行われ、第4シードの錦織圭(日本)は第2シードのA・マレー(英国)に1-6, 4-6で完敗して初の決勝進出を逃し、日本勢96年ぶりのメダル獲得は3位決定戦へ持ち越された。

【錦織ら男子シングルス対戦表】

第1セットを33分で落とした錦織は、第2セットもマレーに主導権を握られ、第5ゲームでは得意のドロップショットをネットにかけてブレークを許してしまう。

第7ゲームは何とかサービスキープしたが、その後もマレーからブレークすることが出来ず、対戦成績を1勝7敗とした。

日本勢のメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で熊谷一弥(日本)が獲った男子シングルス・ダブルスの銀メダルが最後。96年ぶりのメダルを狙う錦織は、3位決定戦で第3シードのR・ナダル(スペイン)とJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の敗者と対戦する。

前日の男子シングルス準決勝では第6シードのG・モンフィス(フランス)に3本のマッチポイントを握られる崖っぷちから勝利し、初のベスト4進出を果たしている。

一方、勝利したマレーは、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)に続きメダル獲得を確定させた。

tennis365.net

最終更新:8月14日(日)1時41分

tennis365.net