ここから本文です

【動画解説】台風7号 発達しながら北上 週半ばは荒天のおそれ

ウェザーマップ 8月14日(日)12時45分配信

ウェザーマップ

 台風7号が発達しながら本州の南の海上を北上しています。週半ばは海が大しけになるほか、関東では大雨になるおそれがあります。

 台風7号は17日(水)には伊豆諸島付近に北上してくる見込みです。本州にも近づいてきますから、波が高くなるなど影響が大きくなる可能性があります。

 雨の予想を見てみると、台風周辺の湿った空気が入るため、関東では17日に活発な雨雲がかかり、大雨になるおそれがあります。

 ただ、18日(木)以降の予報円が大きく、西日本方面に進むか、東日本へ近づいて来るか、関東の東の海上を北上するか、まだ絞り込めない状況です。今後の台風情報をこまめにご確認ください。(気象予報士・河津真人)

最終更新:8月14日(日)12時45分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。