ここから本文です

リオ五輪の競泳プールが一晩にして緑に変色した理由は…?

ギズモード・ジャパン 8月14日(日)19時40分配信

誰か入浴剤入れちゃったの?っていうぐらいヤバイ色。

今日、リオデジャネイロ五輪の女子シンクロ高飛び込みがおこなわれた際、不思議な光景が。なんと一晩にしてプールの水が透明から緑色に変色していたのです。隣のプールは綺麗な透明のブルーなのに。

8日に男子シンクロ高飛び込みで銅メダルを獲得したTom Daley選手も、「うーん…何が起きたんだ?」というコメントつきで写真をツイートしていますよ。

これを見たオリンピック組織委員会もメディアもネット住民も、みんな大混乱。飛び込みの選手たちは、「水がすごく濁っているので、パートナーの動きが見えない」と困っている様子。確かに横に並べて比べてみると一目瞭然、かなり濁っています。

一晩で緑に変わってしまったプール。原因は尿なんじゃないの?なんていう憶測も出ていましたが、どうやらもっとサイエンスっぽい答えがありそうです。化学者のRaychelle Burksさんは「藻か酸化銅だと思う。ドロドロのエイリアンでもエクトプラズム(心霊体)でもないわよ」とツイート。

プール化学のハンドブック(なんて存在するんですね!)によりますと、酸化銅が原因の場合には、濁った水ではなく、どちらかというと緑がかった透明の水になるようです。なので今回の変色は、「水の華(高密度に発生した藻による藻類ブルーム)」が原因だと考えられそうです。

水の華はプール中の塩素量の変化によって起こるもので、プール内の藻を除去する塩素消毒を一晩すれば、この現象は起こりません。誰かが消毒をちゃんとしなかった結果なんでしょうか。

このプールの変色について、国際オリンピック委員会が公式発表をすると伝えられてはいますが、今のところ彼らは堅く口を閉ざしたままです。カナダの高飛び込みのコーチは、「やはりこれは藻の仕業だ」とAP通信に語っていて、選手たちもベタベタした感じのものを実際に見ているようです。

一方、マリア・レンク水泳センターは、「問題となっているプールの水質調査をしましたが、選手の健康に対するリスクはない」と発表しています。「現在どうしてこの状況になってしまったのか調査中ですが、競技は問題なく終了したことを報告いたします」とのことです。

今後、公式にこの緑の水の正体について発表があるんでしょうか? でもオリンピック選手たちは、健康のリスクなしと言われても、こんな濁った緑の水の中でいまだに競技を続けているので、心配はハンパないでしょうね。今回のリオ・オリンピックは衛生面や治安など、いろんな悪評が聞こえていますが、とにかく選手が心配なく競技できる環境を整えてほしいものです。

Darren Orf - Gizmodo US

最終更新:8月14日(日)19時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]