ここから本文です

山口茜、決勝トーナメント進出 リオ五輪バドミントン女子シングルス

福井新聞ONLINE 8月14日(日)21時40分配信

 リオデジャネイロ五輪は日本時間14日夜、バドミントン女子シングルスの1次リーグが行われ、K組1位の山口茜(19)=福井県立勝山高出身、再春館製薬所=は第2戦で、同じく1位のティー・ジンイ(マレーシア)に2-0で勝ち、決勝トーナメントに駒を進めた。

 山口は第1ゲーム、1点目こそ奪ったものの序盤はミスが多く相手にリードを許す展開。一時は6点の差がついた。中盤以降は徐々に持ち直し、21-18で奪った。第2ゲームは相手を圧倒し、21-5だった。

 ■まあまあ緊張した

 山口茜の話 まあまあ緊張した。1ゲーム目はミスすることが多く動きもよくなかった。2ゲーム目は少し修正できたのでその点はよかった。

福井新聞社

最終更新:8月14日(日)23時14分

福井新聞ONLINE