ここから本文です

大作映画を支える特殊効果スタジオ「レガシーエフェクト」の仕事の数々

ギズモード・ジャパン 8月14日(日)21時10分配信

アイアンマンからアフラックのアヒルまで!

まもなく公開の映画「X-MEN:アポカリプス」や「スーサイド・スクワッド」でも優れた技術を提供している特殊効果スタジオ「Legacy Effects」。今回はそんな彼らが手がけた仕事の数々をまとめた動画を紹介します。


動画を見たい方はコチラ。https://www.youtube.com/watch?v=Z655pp7SRYo


こちらはLegacy Effectsの公式YouTubeチャンネルがアップロードした動画。

実写とCGを上手に組み合わせて最高にリアルな映像を作り続けていることがよくわかる映像です。

映画「ロボコップ」や「パシフィック・リム」のカッチョいいスーツだけでなく、映画に登場する動物も多く手がけているスタジオですが、アフラックのアヒルも Legacy Effects の仕事だったとは。だからあんなにリアルだったんですね!

そしてやはり、現在の特殊効果業界では3Dプリンターが活躍していることもよくわかる内容となっています。こういうの見ると家にも欲しくなっちゃうな!

Legacy Effectsの公式YouTubeチャンネルではこの他にも、舞台裏映像を沢山公開中。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

source:YouTube

(傭兵ペンギン)

最終更新:8月14日(日)21時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。