ここから本文です

日本人選手の活躍後押し?永谷園がふりかけをブラジルに輸出

ニュースイッチ 8/14(日) 15:34配信

12月から。濃い味付けで現地需要見込む

 永谷園はブラジルに、ふりかけを輸出する。ブラジル人の好みに合わせた「にんにくふりかけ ローストガーリック&ごま」「カレーふりかけ 日本のカレー風味」の2商品を開発し、12月から同国のスーパーなどで販売を始める。ブラジルは世界最大の日系人居住地で、経済や文化の幅広い交流がある。ふりかけも日系ブラジル人や在住日本人に親しまれているため、需要が見込めると判断した。

 2商品の容量はいずれも30グラム、現地のふりかけ商品と同じ三角形パッケージにした。現地調査も含め、構想から4年をかけて開発。ブラジル人の味の好みを考え、日本より濃い味付けにした。販売価格は360円前後になる見込み。

 永谷園はブラジル向け輸出商品で、2012年にうどんやそうめん、13年に個食タイプの粉末みそ汁「あさげ」「ゆうげ」を発売しており、ふりかけは第3弾。

最終更新:8/14(日) 15:34

ニュースイッチ