ここから本文です

快挙 22歳プイグ、プエルトリコ人として初の五輪金メダル獲得<女子テニス>

tennis365.net 8/14(日) 8:35配信

リオデジャネイロ・オリンピック

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は13日、テニスの女子シングルス決勝が行われ、ノーシードのM・プイグ(プエルトリコ)が第2シードのA・ケルバー(ドイツ)を6-4, 4-6, 6-1のフルセットで下し、プエルトリコ人として初の金メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

【女子シングルス対戦表】

世界ランキングで33位が自己最高のプイグは、3回戦で今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制した第3シードのG・ムグルサ(スペイン)をストレートで破ると勢いに乗った。

その後、準々決勝でL・シゲムンド(ドイツ)、準決勝で第11シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)を下す快進撃で決勝戦へ駒を進め、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)女王のケルバーを2時間9分で振り切った。

同日の3位決定戦では、クヴィトバが第7シードのM・キーズ(アメリカ)にフルセットで勝利し、銅メダルを獲得した。

tennis365.net

最終更新:8/14(日) 8:36

tennis365.net