ここから本文です

台風6号 月曜日朝に北海道へ最接近 大雨・高波に警戒

ウェザーマップ 8/14(日) 17:04配信

 台風6号が近づく影響で、北海道では東部を中心に15日月曜日にかけて雨や風が強まり、大荒れの天気となるおそれがある。低い土地の浸水や土砂災害、うねりを伴った高波などに警戒が必要だ。

 台風6号は、14日午後3時には日本の東の海上を1時間におよそ45キロの速さで北北西へ進んでいる。15日月曜日の明け方から朝にかけては北海道付近に最も接近し、午後にはオホーツク海で温帯低気圧に変わる予想となっている。

高波・強風

 台風の接近に伴って、北海道太平洋側では日曜日夜遅くからうねりを伴い波が高くなり、15日月曜日にかけて大しけとなる見込みだ。また、北海道の東部を中心に最大瞬間風速30メートル程度の強風も予想されている。

【あすにかけて予想される波の高さ】
 北海道太平洋側東部  6メートル(うねりを伴う)
 北海道太平洋側西部  4メートル(うねりを伴う)
 オホーツク海側 3メートル

大雨

 台風の北上に伴い暖かく湿った風が流れ込むため、北海道の太平洋側東部とオホーツク海側南部では、あす明け方から昼前にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、24時間の雨量は多いところで150ミリと予想されている。大雨による低い土地の浸水や土砂災害に警戒が必要だ。

最終更新:8/14(日) 17:04

ウェザーマップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革