ここから本文です

大会7日目、U18男女ダブルス準々決勝の予定 [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/14(日) 10:30配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会7日目は10時30分以降から、靱会場で18歳以下の男女ダブルス準々決勝が予定されている。

 全日本ジュニア18歳以下の部は、男女シングルス64ドロー、男女ダブルス32ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

<18歳以下>

【男子ダブルス準々決勝】

1綿貫陽介/木元風哉(関東:グローバルプロTA)[1/WC] vs 5樋口廣太郎/山尾玲貴(九州:柳川高)

9今村昌倫/小清水拓生(関西:清風高)[3] vs 13吉井雅/窪田緑(関東:上野山テニススクール/ミナミグリーンTC)

17清水悠太/羽澤慎治(関西:西宮甲英高)[7] vs 24住澤大輔/野口莉央(関東:Val/湘南工科大学附高)[4]

25菊地裕太/大島立暉(関西:トップランAIOI)[8] vs 32堀江亨/千頭昇平(東海:関スポーツ塾・T/誉高)[2/WC]

------------------------

【女子ダブルス準々決勝】

1小堀桃子/村松千裕(関東:U.T.PあたごTC/吉田記念テニス研修センター)[1/WC] vs 5藤岡佑/竹内菜々花(関東:吉田記念テニス研修センター)

12下地奈緒/我那覇真子(九州:沖縄尚学高)vs 16清水里咲/矢田智都奈(関東:吉田記念テニス研修センター/東京学館浦安高)[8]

17大野菜々子/鈴木理子(関西:京都外大西高)[5] vs 24荒川晴菜/立山里菜(関東:吉田記念テニス研修センター)[3]

27堀口桃果/松崎美穂(関西:同志社香里高)vs 32宮本愛弓/内藤祐希(関東:ローズヒルTC/TEAM YONEZAWA)[2/WC]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/14(日) 10:30

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革