ここから本文です

全日本Jr 相生学院1年の阿多竜也がU16で4強<男子テニス>

tennis365.net 8/14(日) 11:37配信

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'16

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'16(大阪/大阪市、靱テニスセンター)は14日、16歳以下男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードの阿多竜也(関西/トップランAIOI)が徳航太(関東/リビエラ逗子マリーナTS)を6-1, 6-0のストレートで下し、ベスト4進出を決めた。

錦織も優勝した全日本Jr

この試合、阿多は徳の反撃を許さずに圧倒し、第2セットでは1ゲームも渡さず勝利を手にした。

準決勝では、第1シードの田島尚輝(日本)(関東/TEAM YONEZAWA)と対戦する。田島は、同日の試合で主催者推薦で出場の池田朋弥(東海/スポルトTA)を下しての勝ち上がり。

阿多は相生学院の1年生で、今年のインターハイ(平成28年度全国高等学校総合体育大会)男子シングルスに出場し3回戦で敗れた。また、相生学院は男子団体で4年ぶり2度目の優勝を飾り、阿多は決勝戦でシングルス1に登場した。

今大会では1回戦で星野智紀(関西/京都外大西高)、2回戦で福永海斗(北海道/SFC)、3回戦で松田康希(関東/荏原SSC)を下しての勝ち上がり。

ダンロップ全日本ジュニアテニス選手権18歳以下男子シングルスの歴代優勝者は、現在世界で活躍しており2006年は杉田祐一(日本)、2008年は守屋宏紀(日本)が優勝を飾った。

また、昨年の16歳以下男子シングルスは堀江亨(日本)(東海/関スポーツ塾・T)が清水悠太(日本)(関西/西宮甲英高)を下して優勝を果たした。

tennis365.net

最終更新:8/14(日) 11:37

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。