ここから本文です

【MLB】上原浩治が投球練習再開「今季復帰をあきらめていない」と米メディア

Full-Count 8/14(日) 12:15配信

約27メートルのキャッチボール開始「期待を持てる」と指揮官

 7月19日(日本時間20日)ジャイアンツ戦で右胸筋を痛めて以来、戦列を離れているレッドソックス上原浩治投手だが、チームが遠征から戻った今週からキャッチボールを再開した、と複数米メディアが報じている。

上原浩治のNPB・MLBでの年度別通算成績

 地元メディア「Masslive.com」によれば、12日(同13日)本拠地でのダイヤモンドバックス戦の前に記者会見したファレル監督は「昨日(11日)に90フィート(約27メートル)を投げた。個々から距離を伸ばし、強度を上げていく」と現状について説明。まだ様子見の状態だとはしながらも「期待を持てる投球練習だった」と前向きなコメントをしたそうだ。

 アイシングや電気治療をしながらリハビリを続けていると明かした上原は、キャッチボールの感触について「まだ自分の一番いいパフォーマンス、最高の状態とは程遠い」と通訳を介して話したそうだが、記事では「復帰時期の見通しは立っていないが、今季中の復帰をあきらめていない」としている。

「自分のできることは毎日リハビリして、良くなることに努めること」と前を向いたという上原。シーズン終盤、地区優勝争い真っ只中にいるチームを助ける存在になることを期待したい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/14(日) 12:15

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。