ここから本文です

決勝はロペス対カルロビッチ [ロス カボス/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 8月14日(日)16時0分配信

 メキシコ・ロス カボスで開催されている「アビエルト・メキシカーノ・ロス カボス」(ATP250/8月8~14日/賞金総額72万1030ドル/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第1シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)が同胞のパブロ・カレーニョブスタ(スペイン)を2-6 6-3 6-3のフルセットの戦いの末に下して決勝に進出した。

 また、もうひとつの準決勝では、イボ・カルロビッチ(クロアチア)が試合を終えずしてドゥサン・ ラヨビッチ(セルビア)を退け、決勝進出を決めた。カルロビッチが第1セットを6-2で取り、第2セット1-1となったところでラヨビッチが手首と肘の痛みのために棄権したのだ。

「決勝に進出できてうれしいが、僕は彼(ラヨビッチ)をよく知っており、本当にいいやつだから、彼が故障でプレーを続けられなくなってしまったのはすごく残念だ」とカルロビッチ。「僕はアグレッシブに試合を始めた。それが僕のテニスだからね。僕はネットに出ていき、彼はパッシングショットをかなりミスしていた」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

ロペスはリオデジャネイロ五輪に出場せずツアーを優先

Photo: WASHINGTON, DC - JULY 24: Ivo Karlovic of Croatia returns a shot to Gael Monfils of France in the men's singles final of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on July 24, 2016 in Washington, DC. (Photo by Grant Halverson/Getty Images)

最終更新:8月14日(日)16時0分

THE TENNIS DAILY