ここから本文です

大会7日目、16歳以下のベスト4が出揃う [全日本ジュニアテニス]

THE TENNIS DAILY 8/14(日) 22:00配信

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '16 supported by NISSHINBO」(大阪府・靱テニスセンター、江坂テニスセンター/8月8~17日/ハードコート)の大会7日目は靱会場で16歳以下男女単複の準々決勝が行われ、各種目のベスト4が出揃った。

 全日本ジュニア16歳以下の部は、男女シングルス64ドロー、男女ダブルス32ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

<16歳以下>

【男子シングルス準々決勝】

○1田島尚輝(関東/TEAM YONEZAWA)[1/WC] 6-2 6-2 ●13池田朋弥(東海/スポルトTA)[WC]

○17阿多竜也(関西/トップランAIOI)[3] 6-1 6-0 ●26徳航太(関東/リビエラ逗子マリーナTS)

○40市川泰誠(関西/西宮甲英高)[11] 6-3 6-2 ●48清水一輝(関東/グリーンテニスプラザ)[4]

○64川上倫平(関東/狛江インドアジュニアATPチーム)[2/WC] 6-2 6-4 ●49白石光(関東/有明ジュニアTA)[5]

------------------------

【女子シングルス準々決勝】

○1佐藤南帆(関東/有明ジュニアTA)[1/WC] 6-1 6-0 ●10光崎楓奈(東海/h2エリートTA)

○17輿石亜佑美(関東/浦和麗明高)[3] 6-3 6-7(1) 6-0 ●25安藤優希(関東/自由ガ丘インターナショナルTCO)[10]

○48坂詰姫野(北信越/ファーストTA)[4] 3-6 7-5 6-4 ●40内島萌夏(関東/昭和の森ジュニアTS)[9]

○57川村茉那(関東/CSJ)[13] 6-7(3) 6-3 6-1 ●56清水柚華(関西/京都外大西高)[11]

------------------------

【男子ダブルス準々決勝】

○1田島尚輝/川上倫平(関東:TEAM YONEZAWA/狛江インドアジュニアATPチーム)[1/WC] 6-2 6-4 ●8保坂駿太/齋藤聖(関東:エストTC)[9]

○9白石光/清水健二朗(関東:有明ジュニアTA)[4] 3-6 7-6(7) [10-4] ●16高羽蓮/石槫元晴(東海:名古屋高)[8]

○24宮永竜聖/吉野郁哉(北信越:金沢高/ウエストヒルズJT)[3] 7-5 6-2 ●18田口涼太郎/井上隆也(九州:大分舞鶴高)

○25阿多竜也/丸山隼弥(関西:トップランAIOI)[6] 7-6(5) 2-6 [10-8] ●32伊藤竹秋/清水一輝(関東:慶應義塾高/グリーンテニスプラザ)[2/WC]

------------------------

【女子ダブルス準々決勝】

○1永田杏里/佐藤南帆(東海:南山高女子部/関東:有明ジュニアTA)[1/WC] 6-1 7-6(5) ●8清水柚華/西田賀杏央(関西
:京都外大西高/大商学園)[9]

○9安藤優希/内島萌夏(関東:自由ガ丘インターナショナルTCO/昭和の森ジュニアTS)[3] 6-4 6-4 ●16坂口美佑/杉山歩(Team YUKA/Val)[6]

○17吉岡希紗/原田真実子(東海:四日市商業高)[7] 6-0 6-2 ●22毛塚智瑛/染谷優衣(関東:荏原SSC)

○30猪瀬瑞希/進藤万里依(関東:吉田記念テニス研修センター)5-7 6-4 [10-6] ●25久田真穂/中島美夢(関西:トップランAIOI)[5]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/14(日) 22:00

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革