ここから本文です

0円でユーヴェ加入のポグバをブッフォン含む選手達が“笑っていた”と明かすピルロ「初日から特別な奴だと……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/14(日) 19:00配信

ポグバの才能を早くから見抜く

0円で放出した選手に1億ユーロを支払うこととなったマンチェスター・ユナイテッドに対し、ニューヨーク・シティ所属の元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが言及している。

先日、ユヴェントスからユナイテッドへ移籍し、1億ユーロを超える破格の移籍金が話題となったフランス代表MFポール・ポグバは、かつてユナイテッドのユースに所属していたものの、トップチームでの出場機会を確保できず移籍を決断。2012年に加入したイタリア王者で急激な成長を遂げていた。2015年までユヴェントスに所属し、3年間に渡ってポグバと過ごしたピルロは、若きフランス人MFが初めてユーヴェのトレーニングに参加した日のことを次のように振り返った。英『Daily Mail』が伝えている。

「ポグバがユヴェントスにおける初練習に参加したとき、僕ら他の選手は笑っていた。だってマンチェスター・ユナイテッドほどのクラブが彼ほどに突出した才能を持つ選手をタダで放出したんだからね。たぶんユヴェントスは今もまだ笑っていると思うよ。ポグバのトレーニング初日は今でもよく思い出すね。彼はすごく若いのに、“特別な奴”だとすぐに分かった」

「練習が終わりロッカールームへ戻っていると、ジャンルイジ・ブッフォンが笑いながら僕にこう言ったよ。『ユナイテッドはマジで彼をタダで手放したのか?』とね。

1億ユーロを超えるポグバの移籍金については多くの人々による賛否の声が上がっている。しかし彼を良く知る選手たちにとっては、やはりこのフランス代表MFが素晴らしい可能性を秘めていると感じていたようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/14(日) 19:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報