ここから本文です

ゲッツェ、大親友には移籍を明かしていた 「個人的にはとても悪い知らせだった」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月14日(日)20時30分配信

14日に激突

バイエルンでプレイするダビド・アラバは親友マリオ・ゲッツェの移籍を誰よりも早く知っていたのかもしれない。

今夏、メディアが再三にわたって追いかけたゲッツェの去就問題。一時は残留を決めたとも伝えられ、情報が錯綜していた。結局、古巣ドルトムントに復帰するという結果になったが、アラバは事前に決断を聞いていたと独『Sport Bild』で話している。

「彼は僕に先に教えてくれたよ。『WhatsApp』のメッセージでね。彼は決断したことを明かし、僕は彼の健闘を祈った。僕個人としては非常に悪い知らせだったよ。ピッチ内外で互いのことをとても理解しあっていたからね」

二人はいきなり14日のドイツスーパーカップで激突する。ポジションを考えるとマッチアップもあると予想され、どちらが主導権を握るのかにも注目したいところだ。

最終更新:8月14日(日)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]