ここから本文です

イブラ貫禄のプレミア初出場初ゴール モウ・ユナイテッドは白星スタート

theWORLD(ザ・ワールド) 8月14日(日)23時28分配信

ボーンマスは善戦するも及ばず

いよいよ開幕のプレミアリーグ。大型補強で話題をさらうマンチェスター・ユナイテッドは、昨季残留を果たしたボーンマスとの一戦となった。

注目のイブラヒモビッチは先発を果たし、12分にはバレンシアのクロスに反応し頭から飛び込むなど時おり存在感を見せる。が、組織的に戦うボーンマスはユナイテッドに決定機を与えない。27分にはミスからルーニーにシュートを許すが、GKボルツがゴール中央でがっちりとセーブを見せる。

ゲームが動いたのは40分。得点はエレーラから出されたロングボールに対応したフランシスのミスから生まれた。GKへ戻そうとしたボールが短くなり、そこへマタが反応。飛び出すGKボルツと交錯するが、マタがこぼれたボールをゴールへ蹴り込み、ユナイテッドが先制点を挙げた。

ボーンマスはボールを繋ぐ「らしい」サッカーを見せていたが、1点を奪われた形でハーフタイムを迎える。

後半、イブラヒモビッチのアクロバティックなポストプレイからのチャンスもあったが、どちらかといえばボーンマスに押され気味のユナイテッド。しかし60分、マルシャルのボレーシュートの当たり損ねにルーニーが頭で合わせてGKの逆を突き、追加点を挙げることに成功する。

そして64分、千両役者が魅せる。DFを引きつけながら右から上がってきたイブラヒモビッチが、やや距離のあるところからグラウンダーでゴール隅を狙ったシュート。これが見事に決まり、イブラヒモビッチはプレミア初出場での初ゴールをあっさりと成し遂げてしまう。

ボーンマスのハウ監督はアタッカーを入れ替え反撃を試みる。すると69分、マルシャルの緩い守備を突いたアダム・スミスがボックスに侵入しシュート。これが決まってホームチームが1点を返す。

モウリーニョ監督は75分に新加入組のムヒタリヤンを投入。84分には高い位置でボールを奪ったイブラヒモビッチが、上がってきたムヒタリヤンにアウトサイドでクイックなクロスを送るが、これは合わなかった。

ボーンマスは4分のアディショナルタイムに猛攻を見せるが、試合はそのまま笛に。モウリーニョ率いる新生ユナイテッドは、ひとまず初戦で勝点3を得ることに成功している。

[メンバー]
ボーンマス:ボルツ、ダニエルズ、スティーヴ・クック、スミス、フランシス、アイブ(→アフォベ 68)、アーター、サーマン、ルイス・クック(→グラデル 82)、キング、ウィルソン(→グラヴァン 68)

マンチェスター・ユナイテッド:デ・ヘア、ショー、バイリー、ブリント、バレンシア、フェライニ、エレーラ、ルーニー(→デパイ 89)、マルシャル(→シュナイデルラン85)、マタ(→ムヒタリヤン 75)、イブラヒモビッチ

[スコア]
ボーンマス 1-3 マンチェスター・ユナイテッド

[得点者]
マンチェスター・ユナイテッド:マタ(40)、ルーニー(60)、イブラヒモビッチ(64)
ボーンマス:スミス(69)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月14日(日)23時28分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報